主婦、まいにち成長中!

平凡な主婦が、人生を豊かにするためにいろんなことに挑戦する日々を綴ります。不妊治療をメインに、節約・フリマアプリ・ふるさと納税・マイホーム購入・独学での資格試験など、日々成長中!

 元市役所職員の平凡な主婦が、人生を豊かにするためいろんなことに挑戦する日々を綴ります。
 不妊治療をメインに、マイホーム購入・節約・独学での資格試験など、日々成長中!

【不妊治療】腹腔鏡検査の術後について(痛みや傷あとの経過など)

 

腹腔鏡検査の痛みや傷跡の経過

 

腹腔鏡検査のこれまでの記事はこちらをご参照ください。
 

腹腔鏡検査の概要

 検査当日

検査2日目(退院)

 

 

腹腔鏡検査終了後は、自宅でなるべく安静にしていました。

その後の痛みや傷あとの経過などについて、まとめました。

 

腹腔鏡検査の内容は人によってちがうため、術後の回復も個人差があると思います。
※私は「子宮とダグラス窩の癒着剥離、右卵巣嚢腫をつぶす」という処置を施されています。

 

目次

 


術後2日目

目覚めて起き上がるのが一苦労でした。
我が家は布団なのですが、ベッドだったら楽だったと思います。


我が家はダイニングテーブルではなくローテーブルで食事をしていますが、床に座り込むのがつらくて、お盆を持ってソファに座って食事をしました。


とにかく炭酸ガスの痛みと戦った一日でした。

体を動かすと、ガスが体の中を移動するのがわかります。


寝転がるのも、起き上がるのもとにかく時間かかりました。


入院前に作り置きしていたおかずに助けられました。

作り置きは本当に便利です。


術後3日目

目覚めてすぐに昨日より調子がいいことに気づきました。
相変わらずガスは残っているようで、にぶい痛みはありましたが、

前日より格段に調子がよくなっていました。


傷口もそれほど痛まなくなっていました。
まだゆっくりではありますが、動作が楽になっていました。


ネットスーパーを利用して、食事の支度もできるようになりました。
前日まではソファにしか座れなかったのですが、床に座れるようになりました。


本来ならこの日、傷口に貼ってある防水シールをはがさないといけないのですが、なかなかはがれず苦戦しました。
傷口から出てきた汁で、傷口とシールのガーゼ部分がくっついてしまっていて、無理やりはがすのが怖かったので、早々にあきらめました。
少しだけ見えた傷跡は、茶色をしていました。

 

おへその傷跡は、うまい具合におへその中にあって目立たないようになっていました。

ただし、糸で縫い合わせているからか、引きつったような形になってしまい、自慢だったおへその形は微妙に変わってしまいました 涙


術後4日目

前日よりは早く歩けるようになりました。
医療保険の給付金請求書をポストに投函するために、片道10分かけて歩いてみました。
やはり普段どおりにはまだ歩けません。


術後はずっとワンピースタイプの部屋着を着ていましたが、初めてワイドパンツを履いてみました。

傷口にあたってチクチクするので、まだワンピースがよさそうでした。


まだ前かがみにしゃがめないため、靴下や靴を履くのは大変でした。
傷口の痛みはほぼないのですが、炭酸ガスはまだ体に残っていて、相変わらず頻繁に痛みます。

体の向きを変えるたびにガスが動いてつらかったです。


お風呂に入る前に、意を決して防水シールをはがしました。
けっこう粘着力があってはがすのは大変でした。

 


術後5〜6日目

傷口の痛みはほぼなくなりました。

まだ長い距離は歩けませんが、日常生活にはまったく支障なし。


ガスの痛みだけがまだしつこく残っていますが、痛みに襲われる頻度が少なくなりました。
体勢を変えると、お腹の中でガスの塊がゴロゴロというすごい音をたてて移動します。

(横にいる夫も驚くくらいの爆音)

 


術後7〜8日目

ガスの痛みがなくなりましたが、お腹の中ではまだガスの存在感を感じました。

なかなか抜けてくれません。


普段通りスタスタ歩けるようになりました。

 


術後9日目

やっとお腹の中のガスをまったく感じなくなり、腹腔鏡検査前と同じ体調に戻りました。

 

術後1年後

傷跡はあまり目立たなくなりました。

虫刺されの跡?くらいのかんじです。

 

おへその傷はまったく気になりません。

 

術後3年後

薄茶色いシミのようなかんじで、だいぶん薄くなりました。

じぃっと見つめないとわからないレベルです。

 

 

まとめ

いつもどおりの速度で歩けるようになるまでにだいたい1週間かかりました。


ほぼお腹の中に残った炭酸ガスの痛みとの戦いでした。

傷口の痛みはあまりなく、術後3日目には簡単な家事はこなせるほど楽になりました。

 

腹腔鏡検査後はとても順調で、2週間後には腹腔鏡検査をしたことすら忘れるくらい回復していました。


術後すぐは防水テープが傷口を覆っていて、それは術後3日目には自力で剥がすことになっています。
かゆくなったりすることはありませんでしたが、この防水テープは粘着力がけっこう強かったので、剥がすのに少し手間取りました。

 

傷口は最初は目立ちますが、徐々に薄くなります。3年経過した現在ではかなり薄くなっています。

 

 

 

お腹にメスを入れるような手術は生まれて初めてだったので、最初は恐怖しかありませんでしたが、終わってみれば

「全然大丈夫だった」

という印象です。

これから腹腔鏡検査を受ける方は、安心して受けてください!

(痛みの感じ方には個人差があります)

 

「腹腔鏡検査で役立った物、オススメの持って行く物」の記事は、はこちらからどうぞ!

 

growingupeveryday.hatenablog.com