主婦、まいにち成長中!

平凡な主婦が、人生を豊かにするためにいろんなことに挑戦する日々を綴ります。不妊治療をメインに、節約・フリマアプリ・ふるさと納税・マイホーム購入・独学での資格試験など、日々成長中!

 元市役所職員の平凡な主婦が、人生を豊かにするためいろんなことに挑戦する日々を綴ります。
 不妊治療をメインに、マイホーム購入・節約・独学での資格試験など、日々成長中!

運命の一品に出会うために!波佐見焼・窯元めぐりのススメ

波佐見焼の窯元のめぐり方



 

前回、大好きな波佐見焼について語りましたが、今回は実際に波佐見町での窯元訪問についてまとめました。

 

 前回の記事はこちらをご参照ください。

growingupeveryday.hatenablog.com

 

 

もちろん通販で購入してもいいのですが、もし機会があれば、ぜひ実際に波佐見町に足を運んで、窯元を訪問して購入してほしいです。

後述しますが、メリットがたくさんありますし、窯元の方と接することで作品のストーリーを感じることができ、いっそう愛着がわきます。

 

お気に入りの食器と出会うための、効率的なめぐり方をご紹介します。

 

 

窯元のめぐり方 

まずは「くらわん館」へGO!

町の中心部にあるくらわん館(別名陶芸の館)。

こちらは、波佐見町にある窯元の作品が展示・販売されています。

(もちろんスペースに限りがあるのでほんの一部ですが)

事前に予約をすれば陶芸体験などもできます。

 

まずはここで展示されている作品をじっくり吟味します。

 

くらわん館

長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2255-2

℡0956-26-7162

営業時間 9:00~17:00

定休日 12/31、1/1、1/2

 

 

いよいよ窯元へGO!

陶芸の館で購入することも可能ですが、気になる作品を見つけたら、窯元に直接行くことをオススメします。

 

なぜなら、陶芸の館に置いてある作品はほんの一部で、窯元には陶芸の館には置いていない品物がたくさんあるからです。

窯元でしか手に入らない限定の品物もあったりします。

窯元にはギャラリーが設置されていることが多く、テーブルコーディネートなども紹介されていて、勉強になります。

 

また、窯元で購入すると、通常の定価よりもお値段が安く設定されていることがあるのでお得です。

 

さらに、アウトレット品を安く手に入れることができます。

正直、素人目にはどこがアウトレット品なのか見分けがつかないことが多いです。

また、少し曲がったところが逆に味だったりするのが、アウトレット品のいいところです!

 

お目当ての品物が欠品している場合は、焼き上がり次第、自宅へ宅配便で送ってくれることがあります。

(送料などは自己負担です)

 

陶芸の館のスタッフに聞けば行き方を丁寧に教えてくれますし、マップなども置いてあります。

予約制であったり、お休みなどもありますので、窯元に行かれる際は事前にご確認ください。

 

 

疲れたらカフェで休憩

波佐見町にはオシャレなカフェがたくさんあります。

もちろん使用されている食器類は波佐見焼!

盛り付けの参考になります。

自分が購入した器が出てくると、なんだかうれしくなります。

 

自然たっぷりな波佐見の雰囲気の中で、癒しのひとときをお楽しみください。

 

私のおすすめはムックさんです!

 

mooks.jp

 

 

波佐見陶器市

毎年ゴールデンウィーク時期に開催されている陶器市で、上記のくらわん館で行われています。

有田町の陶器市が有名ですが、波佐見町でも同じ時期に行われています。

全国からの観光客で、有田も波佐見も熱気にあふれています!

 

有田と波佐見は近いので、はしごも可能。

ただし、毎年大混雑です!

最寄りの高速インターは大渋滞しますし、駐車場もなかなか入れません。

(地元の人は「陶器市渋滞」と呼んでいます)

 

朝早くから行くか、最終日の午後から行くと空いています。

特に最終日は、売り切りたいお店が多いので値引き率が高めです。

ただし、品薄の可能性がありますので注意が必要です。

 

ちなみに、陶器市期間中は、窯元の方々は陶器市に専念しているため、ギャラリーなどはお休みで開いていないことが多いです。

 

私は桜陶祭(おうとうさい)か秋陶祭(しゅうとうさい)派!

毎年4月と11月に、波佐見町の中尾郷地区限定で行われる陶器市です。

中尾山の尾根に沿った一本の坂道に、ずらりと窯元が勢揃いしています。

中尾郷地区には、前回の記事でご紹介した一龍陶苑一真窯光春窯などがあります。

 

こちらも混雑はしますが、ゴールデンウィークの陶器市ほどではありません。

どの窯元さんも歓迎モードで、気さくにお茶などを振舞ってくれます。

春は桜、秋は紅葉、清々しい空気とともに、人の温かさに触れながら気持ちよく散策することができます。

 

ちなみに、普段は予約制のギャラリーも、この日は予約なしで入ることができます。

 

中尾郷地区は急な坂道なので、歩きやすい服装とスニーカーで行くことをオススメします。 

(駐車場は坂道の1番下なので、基本は徒歩移動です)

 

 

 

ぜひ、窯元に訪れて、運命の一品を見つけてください!

 波佐見町のお隣はハウステンボスで有名な佐世保市や、少し足を伸ばせば異国情緒あふれる長崎市などもありますので、ぜひ観光とあわせて訪れてほしいです!